Subject: Julius forced alignment kit
From: Tatsuya KAWAHARA 
To: onsei-mail@etl.go.jp
Cc: yamada@astem.or.jp, mimura@kuis.kyoto-u.ac.jp
Date: Wed, 19 Jul 2000 10:18:21 +0900

  音声メールの皆様

  以前アナウンスしました汎用連続音声認識エンジン Julius を用いた
	単語・音素セグメンテーションキット
が完成しましたのでお知らせします。
  音声ファイルと書き起こしを与えると、単語・音素境界を出力するものです。

  ついでに、Julius を用いた
	孤立単語音声認識キット
	連続単語音声認識キット
も用意しました。

  いずれも Julius のホームページ
http://winnie.kuis.kyoto-u.ac.jp/pub/julius/
の「ダウンロード」のページから入手可能です。

  ただし動作には、Julius 本体及び音素モデルが必要です。
  まだの方は、IPA「日本語ディクテーション基本ソフトウェア99年度版」を
下記のページから入手下さい。郵送による配布も始まっています。
http://www.lang.astem.or.jp/dictation-tk/


	河原 達也		〒606-8501 京都市左京区吉田本町
				京都大学 情報学研究科 (工学部10号館)
				http://winnie.kuis.kyoto-u.ac.jp/~kawahara