Subject: (onsei-mail:05139) Julius-4.5 リリース
From: LEE Akinobu 
To: "onsei-mail@aist.jpn.org" 
Date: Thu, 3 Jan 2019 15:08:05 +0000

音声MLのみなさま、

名工大の 李 です。
Julius のバージョン 4.5 を公開しましたのでお知らせします。
GitHub および Julius のホームページから入手可能です。
どうぞご利用ください。

------
※ バージョン4.5での変更点(抜粋)
・新機能
 ・VADモジュールの追加
 ・DNN-HMM CPU multi-threading
・更新
 ・モジュールモードでのXML出力の文字列エスケープ
 ・バグ修正
・その他
 ・UTF-8への移行
 ・DOIの取得
------

更新点の詳細は本メールの末尾にも記載しております。
どうぞよろしくお願いいたします。

・GitHub - Julius
  https://github.com/julius-speech/julius/
・Juliusのホームページ(日本語)
  http://julius.osdn.jp/
・リリースパッケージへの直リンク(ソースコード+win32バイナリ)
   https://github.com/julius-speech/julius/releases

--------------------------------------------------------
バージョン 4.5 での変更点:

◆ VADモジュールの追加

WebRTCベースの音声区間検出(VAD)モジュールが新たに追加されました。
以下のコードを組み込んでいます。
  https://github.com/dpirch/libfvad

4.5より、Juliusは2つのVADモジュールを持っています。新モジュールは
デフォルトではOFFです。

 - 旧モジュール(レベルとゼロ交差数ベース)
 - 新モジュール(libfvad - WebRTCベース)

新モジュールをONにすることで、この2つのモジュールは音声入力ストリームに
対して並列動作します。並列動作時は、両モジュールとも音声トリガを検知した
ときにはじめて音声区間と判定するようになります。

新モジュールは julius, adinrec, adintool で "-fvad arg" オプションを使うことで
有効化されます。詳しい利用方法はリリースノート(Release-ja.txt)あるいは
オプションリスト(julius/Option.md)の解説をご覧ください。

◆ DNN-HMM CPU multi-threading

DNN-HMMの計算で CPU のマルチスレッドを使った並列計算を行えるように
なりました。スレッド数は dnnconf 内の num_threads で指定できます。
デフォルトは 2 で有効化されています。

◆ XML出力の文字列エスケープ

本バージョンから、XMLの規約に従い、モジュールモードの出力で XML 特殊記号の
エスケープを行うようになりました。例えば "<s>" は "&lt;s&gt;" のように出力されます。
エスケープを無効化して以前のバージョンと同じ出力に戻したい場合は
オプション "-noxmlescape" を指定してください。

◆ UTF-8 への移行

ソースコードや文書の文字コードが UTF-8 に統一されました。古い文字コードでの
バージョン 4.5 のソースコードは GitHub の "master-4.5-legacy" ブランチに保存して
ありますので、過去のバージョンとの差分を見たい方はそちらをご利用ください。

◆ DOI の取得

Julius のソフトウェアとしての DOI を取得しました。
学術での引用では以下もご利用になれます。

https://doi.org/10.5281/zenodo.2530396

-- 
 李 晃伸
 名古屋工業大学大学院 工学研究科
 〒466-8555 名古屋市昭和区御器所町 4号館6階
 Tel: 052-735-7550
 Fax: 052-735-5503
 E-mail: ri@nitech.ac.jp