Subject: (onsei-mail:04428) Julius-4.4 / Japanese Dictation kit 4.4 リリースのお知らせ
From: LEE Akinobu 
To: "onsei-mail@aist.jpn.org" 
Date: Fri, 07 Oct 2016 15:07:24 +0000

音声MLの皆様、

名工大の 李 です。
Julius およびディクテーションキットの最新版をリリースしましたのでお知らせします。
関連書籍の改訂版も出版されましたので、合わせて以下3件、案内させていただきます。


◆Julius-4.4 リリース

Julius バージョン4.4は、DNNの計算を内蔵し、単体でのDNN-HMMによる音声認識をサポートしました。
SIMD命令を用いた高速化により、新しめの十分なスペックのマシンであれば
Julius単体でDNN-HMMを用いた実時間のリアルタイム音声認識が行なえます。

その他、周辺ツールの拡充、最新のWindows/Mac/Linux/cygwin環境への対応、
各OSでのビルド手順の文書化、バグ修正など、多くの改善と機能拡張が行われました。

最新版は 4.4.2 です。以下から入手可能です。どうぞご活用下さい。
(本バージョンより実行バイナリは Windows のみ配布しています。
各環境でソースからビルドする手順は簡単です。アーカイブ内の INSTALL.txt をご覧ください)

http://julius.osdn.jp/

なお最新版はGitHubの開発サイト https://github.com/julius-speech/julius で常に公開しています。


◆ディクテーションキット 4.4 リリース

ディクテーションキットも2年半ぶりに更新されました。
音響モデルを更新し,性能が大幅に向上しました.
GMM版、DNN版(従来通りの numpy 利用版)に加え、Julius 単体で動作する
DNN単体版の起動スクリプトも入っています。
これまでと同様、ダウンロードしてすぐに試すことができます。
動作環境は Windows / Mac / Linux です。

※ディクテーションキット 4.4 の特徴:
- Julius-4.4.2 ベース
   - SIMD CPU命令による高速DNN計算(Intel AVX/FMA 命令等に対応)
- 音響モデルの更新
   - JNASと『日本語話し言葉コーパス』模擬講演データによるDNN-HMM音響モデル
   - DNN-HMMは単語内位置依存モデル化
- 対応OSは64bitのみ(32bit OS はこのバージョンからサポート外)
- プロセスサイズは 700MB 程度.メモリの少ないマシンでは注意.
- ベンチマーク(JNASテストセット200文における文字正解精度)
   - 90.8% (GMM-HMM音響モデルの場合)
   - 94.7% (DNN-HMM音響モデルの場合) ← 4.3.1 の 91.7% から大きく改善

ダウンロード:
Webページ(日本語) http://julius.osdn.jp/index.php?q=dictation-kit.html
よりダウンロードできます。


◆「音声認識システム」改訂

このたび、「音声認識システム」の改訂2版が出版されました。2001年に刊行された
初版は大変好評でしたが、DNNをはじめとしたこの15年の様々な進歩を含める形で
全面改訂しました。ソフトウエアとあわせてお役に立てば幸いです。

http://shop.ohmsha.co.jp/shop/shopdetail.html?brandcode=000000004726&search=978-4-274-2193


以上、よろしくお願いいたします。