Subject: (onsei-mail:03391) Julius-4.2.3 Released
From: LEE Akinobu 
To: onsei-mail@aist.jpn.org
Date: Mon, 1 Jul 2013 12:52:58 +0900

音声メールのみなさま、

名工大の 李 です。
Julius のバージョン 4.2.3 を昨日リリースしましたのでお知らせします。
主な更新点は以下のとおりです。

・辞書の再読み込み機能
・ベイズリスク最小化探索(南條浩輝氏,古谷遼氏より提供)
・長時間入力の棄却
・入力音声波形のスケーリング
・バイナリN-gramの文字コード変換機能
・細かい不具合の修正

Julius のホームページからダウンロード可能です.
どうぞご活用くださいませ.

http://julius.sourceforge.jp/


----------------------------------------------------------------------
◆前バージョンとの差分リスト
(詳細はパッケージ内の Release-ja.txt をご覧ください)

○新機能
- 辞書のリロード: j_reload_adddict()
- 音声入力の振幅のスケーリング:"-lvscale factor" および
"j_adin_change_input_scaling_factor()"
- 長い入力の棄却:"-rejectlong msec"
- バイナリN-gramの文字コード変換をサポート: "mkbingram"
- ベイズリスク最小化(MBR)探索の実装(南條浩輝氏,古谷遼氏より提供)
MBR Extension contributed by Hiroaki Nanjo and Ryo Furutani.

○修正されたバグ
- ビッグエンディアンマシンでadinnetで音声をネットワーク送信するときに
エンディアンが異なっていた問題
- j_close_stream() で音声デバイスのクローズにたまに失敗する
- 64bit環境で変換されたパラメータ埋め込み付きバイナリHMMが読み込めない問題
- N-gram ファイル読み込み失敗時のメモリリーク
- 入力長オーバーフロー時のメモリリーク
- 特徴ベクトル呼び込みプラグインが動作しない
- 最新のMacOSXでコンパイルに失敗する
--
 李 晃伸
 名古屋工業大学大学院 工学研究科
 〒466-8555 名古屋市昭和区御器所町
 Tel/Fax: 052-735-7913 (room 2-306A)
 E-mail: ri@nitech.ac.jp