Subject: [onsei-mail 02939] Julius-4.2.1 released
From: LEE Akinobu <ri@nitech.ac.jp>
To: onsei-mail@m.aist.go.jp
Date: Mon, 26 Dec 2011 14:50:36 +0900

音声メールのみなさま,

名工大の 李 です.
Julius のバージョン 4.2.1 をリリースしましたのでお知らせします.
主な更新点は以下のとおりです.

・文法を用いた認識における単語別挿入ペナルティの導入
・c0 計算のバグを修正(オンライン認識+CMN使用時)
・動作の安定化
・その他バグ修正

Julius のホームページからダウンロード可能です.
どうぞご活用くださいませ.

http://julius.sourceforge.jp/


----------------------------------------------------------------------
◆前バージョンとの差分リスト
(詳細はパッケージ内の Release-ja.txt をご覧ください)

○新機能
- 文法認識において単語別の挿入ペナルティ設定をサポート.
  辞書において以下のように指定する
        15 @-2.0 15 [a] a
  第1フィールドは従来と同じカテゴリ番号。
 第2フィールドに "@" に続けて挿入ペナルティを対数で指定する。
 第3フィールドは第1フィールドと同じ値を書く。

- 新オプション "-chunk_size": オーディオ入力のバッファ長をサンプル数で
  指定可能(デフォルト: 1000)小さくすると遅延を小さくできるが小さす
  ぎると不安定になる。
- adintool で標準入力時に検出をデフォルトで有効化

○修正されたバグ
- 特徴量に C0 を使っているとき,C0 に CMN が行われない
 (このバグは4.1.3〜4.2までのJuliusに存在する)
- mkbingram,generate-ngram が cygwin で落ちる
- "-adddict" で追加した辞書に "-forcedict" が効かない
- 音声録音時,CTRL+C で止めると WAV ヘッダにデータ長が書きこまれない
- エラーを含む辞書を読んだとき、エラーを吐かずに segfault する
- "--enable-word-graph" でコンパイルエラーが出る

-- 
 李 晃伸
 名古屋工業大学大学院 工学研究科
 〒466-8555 名古屋市昭和区御器所町
 Tel/Fax: 052-735-7913 (bld. #2 - office 306A)
 E-mail: ri@nitech.ac.jp
 URL: http://www.sp.nitech.ac.jp/~ri/