Subject: [onsei-mail 01422] Julius-3.5.3 released
From: LEE Akinobu 
To: onsei-mail@m.aist.go.jp
Date: Fri, 29 Dec 2006 12:47:52 +0900
User-Agent: Wanderlust/2.10.1 (Watching The Wheels) SEMI/1.14.6 (Maruoka) LIMIT/1.14.9 (Domyoji) APEL/10.6 Emacs/21.4 (i386-pc-linux-gnu) MULE/5.0 (SAKAKI)
List-Id: onsei-mail.m.aist.go.jp
List-Software: fml [fml 4.0 STABLE (20030202/4.0.4_ALPHA)]
List-Post: 
List-Owner: 
List-Help: 
List-Unsubscribe: 

音声メールのみなさま,
(重複して受け取られた方はご容赦下さい)

名工大の 李 です.
Julius の新バージョン 3.5.3 をリリースしましたのでお知らせします.
下記のJuliusホームページからダウンロードできます.

	http://julius.sourceforge.jp/

Julius-3.5.3 では,コードの最適化により最大で1.5倍程度高速になりました.
その他,3.5.2 からの主な変更点は以下のとおりです.(詳しくはリリースノー
ト (Release-ja.txt) をご覧下さい) 

----------------------------------------------------------------------
 * 高速化
       o コード最適化により処理速度が 1.1倍〜1.5倍に高速化.
 * 音響分析条件の設定方法を拡張
       o 学習時の HTK Config を直接読み込めるようになった (-htkconf ConfigFile)
       o バイナリHMMへ設定データを埋め込めるようになった 
 * 新たな文法ツール
       o DFA最適化ツール:dfa_minimize, dfa_determinize
       o HTK の SLF 文法を Julian DFA 形式に変換するキット slf2dfa の公開
 * その他の機能追加:
       o 単語グラフ生成で左右のコンテキストごとに異なる仮説の生成をサポート
       o オンラインでのエネルギー項正規化の暫定サポート 
 * バグ修正およびコードの改善 
----------------------------------------------------------------------

3.5.3 は若干高速化されましたが,認識精度は変わっていません.
使い方は以前までと同様です.

お気づきの点,不具合,ご意見,機能に対するご提案などございましたら,
お気軽にご連絡いただけると幸いです.

今後ともよろしくお願いします.
-- 
 李 晃伸
 名古屋工業大学大学院 工学研究科 情報工学専攻 (おもひ領域)
 〒466-8555 名古屋市昭和区御器所町
 Tel/Fax: 052-735-7913 (room 2A-306)
 E-mail: ri@nitech.ac.jp
 URL: http://tr-lab.ics.nitech.ac.jp/~ri/