Message-Id: <9710010711.AA05606@beauty.spl.ogis-ri.co.jp>
Errors-To: onsei-admin@etl.go.jp
To: onsei-mail@etl.go.jp
Subject: Fujisaki's model and Japanese ToBI
Date: Wed, 01 Oct 1997 16:11:32 +0900
From: Toshio Hirai 

  ATR 音声翻訳通信研究所では,音声の基本周波数パターン (F0 パターン) 
を,N.Campbell, J.Venditti らの Japanese ToBI ラベル (J_ToBI ラベル)
[1] をもとに,東京理科大の藤崎教授らによって提案されている重畳型 F0 制
御モデル (藤崎モデル) [2] により分析し [3],その結果を 
http://www.itl.atr.co.jp/department/dept2/fj_ToBI/index.html
で公開しています.このページでは以下のようなことが実行可能です:

  ○ ATR データベース Bset (503 文) 話者 MHT の 500 文の F0 パターン,
     J_ToBI ラベル,藤崎モデルによる分析結果を表示することができます.
  ○ ATR 英語データベース 200 文のうちの 30 文 x 4 話者 (男女 2 名ず
     つ) の F0 パターン,音素ラベル,藤崎モデルによる分析結果を表示す
     ることができます.
  ○ ユーザ自身が藤崎モデルによる分析を行えます.
  ○ アクセント指令の大きさ,位置の自動最適化が可能です (適切な初期値
     付与が必要です).
  ○ ユーザのマシンにインストールするためのソース,ドキュメント等がダ
     ウンロードできます (分析結果の保存には Java 環境が必要).

皆様のご意見をお聞かせ頂ければ幸いです.

使用上の注意:
  ○ 推奨環境:Netscape 4x 以上 (Solaris 用 Netscape では軽微な不具合
     が判明しています.対処方法に付いては,上記ページを御覧下さい).
  ○ ダウンロード,インストール,ツール使用等はユーザの責任で行って下
     さい.ファイル消失などの責は負いかねます.
  ○ 本ツールによる分析結果を論文等で公表する場合は,あらかじめ
         thirai@spl.ogis-ri.co.jp
     に御連絡下さい.

参考文献
  [1] キャンベル,"Tones and Break Indices (ToBI) システムと日本語への
      適用",音響誌 Vol.53, No.3, pp.223-229 (1997)
  [2] 広瀬,藤崎,"基本周波数パターン生成過程モデルに基づく文章音声の
      合成",信学論 Vol.J72A, No.1, pp.32-40 (1989)
  [3] 平井,樋口,"韻律ラベリング・システム J_ToBI を用いた基本周波数
      制御規則の自動抽出",信学技報 SP97-5 (May 1997)

                   ATR 音声翻訳通信研究所 第二研究室
                       樋口 宜男 (現 KDD),平井 俊男 (現 オージス総研)