Subject: (onsei-mail:04514) YANG vocoder を公開しました
From: Hideki kawahara 
To: onsei-mail@aist.jpn.org
Cc: 河原英紀 
Date: Fri, 13 Jan 2017 10:57:22 +0900

皆様、

河原@和歌山大学です。

昨年のGoogle UK滞在で開発した音声分析合成プログラムYANG vocoderが
オープンソースとして公開されました。
https://github.com/google/yang_vocoder

開発の中心は、基本周波数と非周期性の分析にありますが、分析合成系と
して使えるように、スペクトル包絡推定と合成用の関数も用意しました。
STRAIGHTや森勢さんのWORLDのようなチューニングはまだです。今後の研究
の出発点とする予定です。概要については以下の、講演資料と、ArXiVの
リンクをご参照下さい。
http://www.wakayama-u.ac.jp/~kawahara/newFOextractorNiitechR.pdf
http://arxiv.org/abs/1605.07809

PS: 公開早々ですが、基本周波数と非周期性の分析部分を改良する方法と
実装の案について、2/27-28に行われる音楽情報科学研究会で以下の題名で
発表する予定です。
「瞬時周波数および群遅延に基づく非周期成分推定法再考」

PS: YANG vocoderという名前は、YIN-YANGと以下から。
YANG VOCODER: Yet-ANother-Generalized VOCODER
Yet another vocoder that is not STRAIGHT.
大げさですが。

河原英紀 Kawahara, Hideki
和歌山大学 名誉教授
http://www.sys.wakayama-u.ac.jp/~kawahara