Subject: [onsei-mail 00755] 「多言語対応の日本語韻律データベース」CD-ROM(2枚組)の配布について(修正)
From: Shigeyoshi Kitazawa 
To: onsei-mail@m.aist.go.jp
Date: Wed, 21 Jul 2004 12:02:55 +0900
Reply-To: Shigeyoshi Kitazawa 
User-Agent: Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 5.0; ja-JP; rv:1.4) Gecko/20030624 Netscape/7.1 (ax)
List-Id: onsei-mail.m.aist.go.jp
List-Software: fml [fml 4.0 STABLE (20030202/4.0.4_ALPHA)]
List-Post: 
List-Owner: 
List-Help: 
List-Unsubscribe: 

音声メールの皆様(先ほどのご案内に誤りがありましたので修正しました)

「多言語対応の日本語韻律データベース」CD-ROM(2枚組)の配布について

                                          静岡大学情報学部 北澤茂良

  ”J-ToBIと音素セグメント情報およびEGG分析情報を付与しました”

静岡大学情報学部では,韻律研究の基礎的データとなることを目的として,
「日本語MULTEXT韻律コーパス」を構築しました。
(科学研究費補助金特定領域研究(B)
「韻律に着目した音声言語情報処理の高度化」)

これに基づき、平成15年度に、

平成15年度科学研究費補助金(研究成果公開促進費)
データベース名称: 多言語対応の日本語韻律データベース
Japanese MULTEXT Prosodic Corpus (Japanese MULTEXT)
CD-ROM(2枚組)1式

を作成しました。多言語共通内容の韻律データベースであり、日本語では
3時間37分の読上げ及び模擬自発発話音声に豊富なアノテーションが施さ
れています。原「MULTEXT韻律データベース」は英語・仏語・独語・伊語・
西語の5ヶ国語からなっています。

『多言語対応の日本語韻律データベース』を希望者に無料で配布いたします。
ただし、学術利用に限定します。

●申込者  

 科学研究費の申請資格のある方に限ります。

●申込み方法

『多言語対応の日本語韻律データベース』の利用にあたっては、静岡大学
情報学部北澤研究室との間に利用契約を結んでいただきます。まず、利用
申込書をダウンロードして、使用条件についての説明をご覧ください。説明
内容に同意いただける場合は、2部印刷し、所定欄に記入捺印の上、2部
とも下記に郵送してください。申込書1部とともにCD‐ROM一組を郵送し
ます。
利用申込書(PDF)はここにあります。

     http://kitazaworld.net/kitaz/DBuse4.pdf

恐縮ですが、送料は負担願います。

CD-ROMの送料として切手240円を同封してください。

〒432-8011 浜松市城北3-5-1
静岡大学情報学部 北澤研究室 MULTEXT CD-ROM 配布係

●受領書の返送

 品物が届きましたら、「受領書」をご返送願います。


「日本語MULTEXT韻律データベース」には以下のデータが含まれています.
o 音声データ
- 話者6名(男性3名,女性3名),東京方言,20代,30代,40代
- さまざまな状況を含む40節
- 朗読発話および模擬自発発話
- 標本化周波数16 kHz,量子化16 bit
o 基本周波数
- フレームシフト 10 msec
- 目視による修正済
o MOMELアルゴリズムによりスプラインスムージングした基本周波数
o 韻律句ラベリング
- 手作業によるラベリング
o アクセント核ラベリング
- 手作業によるラベリング
o 音素ラベル
- 手作業によるラベリング
o J-ToBIラベル
- 手作業によるラベリング
  - 付加情報として、F0の極大値、強調されたアクセント句
o テキスト
  - かな、かな漢字、ローマ字
o アクセント型タグ付きテキスト
o EGG(Electro Glotto Graphy)から抽出した基本周波数
  - EGG信号より抽出した基本周波数とピッチマーク
- EGG信号より求めた声門の解放率と閉鎖率

以上です.

ご質問等は静岡大学情報学部 北澤茂良(kitazawa@cs.inf.shizuoka.ac.jp)
までお問い合わせください.