Subject: [onsei-mail 00865] 情報処理学会試行標準のご案内
From: Takuya Nishimoto 
To: onsei-mail@m.aist.go.jp
Date: Tue, 07 Dec 2004 11:03:38 +0900
User-Agent: Mozilla Thunderbird 1.0RC1 (Windows/20041201)
List-Id: onsei-mail.m.aist.go.jp
List-Software: fml [fml 4.0 STABLE (20030202/4.0.4_ALPHA)]
List-Post: 
List-Owner: 
List-Help: 
List-Unsubscribe: 

音声関連の情報処理学会試行標準発行のご案内

情報処理学会試行標準委員会の「音声インタフェース」小委員会では、
先に「音声認識のための読み表記」を発行しましたが、
この度、「ディクテーションに用いる基本記号に対応する読み」
に関する標準を策定し発行しました。

ディクテーションに用いる基本記号に対応する読みには
規準がないため、製品での対応は各社まちまちです。
(例「!」=「びっくりまーく」「えくすくらめーしょんまーく」
      「かんたんふ」「びっくりきごう」など)

そこで、主としてキーボードから入力可能な基本記号に
対応する読みを規定しました。
本試行標準に準拠したシステムが普及することにより、
ユーザがどの日本語ディクテーションシステムを使用していても
同じ読みで同じ文を入力できることが期待されます。

今回の試行標準は、現状を調査した後、少なくとも共通の読みを
一つ規定し、これについては各社が対応することを期待して
策定しています。
なお、読みの記述には「音声認識のための読み表記」
(情報処理学会 試行標準 IPSJ-TS 0004:2003)
における「読み表記」 (Sounds-like Symbols) を使用しました。

詳しくは以下の
「ディクテーションに用いる基本記号に対応する読み」
サイトをご覧ください。
http://www.itscj.ipsj.or.jp/ipsj-ts/ts0009/toc.htm

参考:「音声認識のための読み表記」のサイト
http://www.itscj.ipsj.or.jp/ipsj-ts/02-04/toc.htm

情報処理学会 試行標準委員会
「音声インタフェース」小委員会
        主査 新田恒雄(豊橋技科大)

本件担当委員 西本卓也(東京大学)

    委員 磯谷亮輔(日本電気(株))
       西村雅史(日本アイ・ビー・エム(株))
       大淵康成((株)日立製作所)
       金澤博史((株)東芝)
       伊藤克亘(名古屋大学)
       石川 泰 (三菱電機(株))

-- 
西本 卓也  mailto:nishi@hil.t.u-tokyo.ac.jp